White scenery @showyou, hatena

If you have any comments, you may also send twitter @showyou.

Spark + Jupyter notebook起動

ネットにいろいろ情報転がってるけど、Spark 1.5.1, Jupyterバージョン不明だと、

IPYTHON_OPTS="notebook" ./bin/pyspark

じゃないと繋がらない気が(--profileが効かない)

 

Greenplum DatabaseがOSSで公開されたのでビルドしてみた

注)個人の所感なんで所属会社等の意見とは違うかもしれません
 

Greenplum Databaseとは?

雑に言うと並列動作するPostgreSQL8.2です。Pivotal社の製品ですがソースが公開されました。

http://greenplum.org/

Pivotal、高速データ分析が可能なデータベース「Greenplum Database」をオープンソースとしてリリース:CodeZine(コードジン)

んで公開されたのでビルドしてみました。
単純に触るだけなら上のサイトからVMをダウンロードすればいいかと思います。
 

今年もあと三ヶ月なので3ヶ月でやりたいことを書いておく

最近は朝起きるのが辛いのと、家に帰宅してから新しいことを学ぶ余裕もない感じに忙しく、すっかりダメ人間と化している。

 

今週で10月に入るので、意識低くともできるとこからやっていきたいと思う。

  1. 英語 本来は英会話スクールに行こうと思ったが、仕事の方が忙しく行く余力もない
  2. データ分析周り データ分析基盤は嫌というほど触ってるが、その上の分析の仕事はなかなか触れてないので慣らしてみたい
  3. 新規情報収集 論文とかも読めてないので、数本読むようにする。
    参考:EMNLPが10月末に行われるようで

    EMNLP2014読み会を開催しました | Preferred Research

  4. 実装 上で読んだものを血肉化するために実装できないか?

あとPyconJPは今年は関われてないですが、結構データ系も継続して採択されてるような感じなので、聞きにいきたいかなぁ。今年はデータサイエンティスト協会のシンポジウム(http://www.datascientist.or.jp/symp/2015/)もあるし、他にもいろいろ調整せねば・・

Ambari + EC2 spot instanceでHadoopクラスタを30分で作る

軽い事前準備はいりますが、Ambariを使うと複数台のHadoopクラスタを30分くらいで一気に作ることができます。

タイトルではEC2 spot instanceとか書いてますが、単にマシン大量に用意しているだけなんで別にAzureとかGCEでも他のIaaSでもいけるかもしれません。またここではHDP使ってますが同じくAmbari使ってるPivotalHDもいけるはずです。

 

ドキュメント

http://docs.hortonworks.com/HDPDocuments/Ambari-2.1.0.0/bk_Installing_HDP_AMB/content/ch_Getting_Ready.html

 

細かい設定は後ほど書きますが、Ambari-server入れたマシンとSELinuxとか切ったイメージは用意しておく必要はあります。あとセキュリティの設定もしておく必要があります。

 

んで、インスタンスをspotで大量作成。こんなことしなくてもm3.xlargeとかを少量建てたほうが効率いいでしょうけど。

f:id:showyou:20150830232233p:plain

f:id:showyou:20150830232037p:plain

建ちました。

Ambari-serverマシン立ちあげて、ログインします。

f:id:showyou:20150830232255p:plain

インストールするHDPのバージョンを選びます。URLの空欄は、HDPのRPMを入れた内部IPを入れています。s3をrpmリポジトリにするのもいいかもしれません。

f:id:showyou:20150830232409p:plain

インストール先を入力します。例によって各マシンの内部IPです。今回30個Spot建てたので30個分IP貼っつけてます。

f:id:showyou:20150830232553p:plain

インストールするコンポーネントを選びます。この前にHBaseとか、OozieとかSparkを選択する画面があります。

f:id:showyou:20150830232731p:plain

Hiveは管理用のパスワードが必要なので、入れています。

f:id:showyou:20150830232911p:plain

インストールを進めます。あとは勝手にNamenodeやDatanodeをインストールしていきます。

f:id:showyou:20150830233005p:plain

f:id:showyou:20150830233140p:plain

インストールが終わりました。実際インストール自体は30分くらいなのですが、今回はSpotの価格が安くていくつかインスタンスが落とされたため、価格を再設定して立てなおしたりしましたのでもっと時間がかかっています。

f:id:showyou:20150830233208p:plain

セットアップが終わったら結果が表示されます。今回はセットアップ自体は22分で出来ています。

f:id:showyou:20150830233415p:plain

30台のクラスターが並んでいます。

f:id:showyou:20150830233528p:plain

Map=20でPIのサンプルを回したときの結果です。

f:id:showyou:20150830233623p:plain

 

使い終わったら、各インスタンスをterminateします。ディスク自体はEBSで残しておくこともできますが、再度インスタンス作るときに内部IPが変わるのでその辺別途設定がいるかと思います。Blueprintとか使って作りなおした方が速いかもしれませんが、まだBlueprintを把握してないのでそれはこの次。あとAmbari-serverは

$ ambari-server stop

$ ambari-server reset

すると再度初期セットアップに戻ります。

 

というわけで、Ambariを使って素早くHadoopクラスタを作る方法について書きました。ただ大規模計算をしたいならEMRを使った方がいいかもしれませんが、一度Hadoopクラスタ複数台でいじってみたいって人にはいいかもしれません。

後日やる気が出たら詳しい設定方法について書いていきます。

EC2にsshキーで入れなくなった件

久々に新規でインスタンスを建てたのだけど、作成したのが公開鍵で入れず、毎回root@ec2-なんとか’s password:と聞かれる。ちなみに公開鍵は新規での作成と手持ちの公開鍵の両方使用。手元の鍵のpermissionは設定済み。

 

原因判明。OSのイメージが古いからっぽい。。。マイAMI作りなおしかこれ。。

 

外資に転職して1年が経ちました。

外資に転職して1年が経ったので個人的にメモ。

業務内容はコンサルタントという肩書で、売った製品のデリバリー(導入)や、導入支援を行ってます。また場合によっては営業と一緒にお客さんの悩みについて聞きにいったりします(この辺りはプリセールスっぽい)。

これまでの会社は社内の技術部隊でしたので、イマイチ自分が行っている仕事の金銭的感覚がわかりにくかったですが、今は自分の稼働コスト=売上につながるので貢献度合いはわかりやすくなった気がします。

ボスからの命令は絶対だと思いますが、レポート先のボスは日本にいないのであまりやりとりしていないです。上から降ってくる仕事だけを受け取る人には向いてないですが、逆に仕事受けすぎても自己責任になりそうですね。あと規則は守らなければいけませんが、逆に守るもんさえ守っていれば細かいとこはつべこべ言われません。これは日本の大企業以外そうでしょうけど。(ただしこの段落は人により異なると思います。営業さんは売上出すために大変頑張ってます)

社内のやりとりは英語が多いです。特にサポートとのやりとりは全部英語です。ボスとのやりとりも全て英語です。ただ日本にわざわざ来る方は日本人が英語苦手なの知ってるので、ゆっくりでも話を聞いてくれます。なのでまずは中学レベルでもいいので単語や文章で伝えていけばいいです。ちゃんと取引するならこれじゃダメなんでもっと上達必要ですね。

あと社内のコミュニティは世界トップクラスのやりとりが読めるので重宝してます。Hadoopのコミッタもいますし、CloudFoundryに至ってはコアメンバがいますしね。

転職は日本の大企業に比べると圧倒的に多いです。が日本のWeb企業も結構多いのでそんなもんって感じもします。逆に再就職の出来ない環境の方が怖いでしょう。ある日突然チームごと首を切られるってのも目にしましたが、自分の親も日本の大企業で同じ事やられたからなぁ。

トータルとして前職といいかどうかは人によると思いますが、自分は外資に入ってみていい経験を得ていると感じています。前職でも、とてもいい経験させてもらいました。

 

参考になりそうなもの:

アメリカのIT企業で働くために行った英語の勉強法など - 科学と非科学の迷宮

 

Thinkpad X220を買った

ヤフオクで1万円代で入手できるのがあったので、入手。普通は落札に2万円かかる模様。X220はX230以降と違いキーボードががっちりしていて、X200sではなかったESCキーの大型化がされていてVimmerにも使いやすい。またメモリも最大16GBと手元のMacBookAir(2011 late)よりも多く積める。

HDDを外しIntel X25-Mのゴムを外して装着。(X220が7mmまでのHDD/SSDに対応の為。ゴムありだと9mm)

さらに液晶をIPSの新品に変えたら世界が変わった。当分使えそう。