Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

White scenery @showyou, hatena

If you have any comments, you may also send twitter @showyou.

バカとハサミは使いよう

http://blog.yuco.net/2013/01/twitter2/

でっちあげでもヘイトスピーチでも、「味方」の発言なら喝采し、「敵」の言葉なら論理的には間違っていなくても、人格攻撃でもなんでもして叩く人が増えたと思う。

最近のtwitterがこうなのかとかは置いといて、この手の残念な発言してる人は結構みられます。大体物事味方のものでもダメな部分その逆ってあんじゃないかと思うのですが。特に2chまとめブログとかその傾向強いんじゃないのって感じがあるんですが、あれは発信者が恣意的に取り上げてるってこともあるしなぁ。

例1:政治・政党

例2:反マスコミ

例3:儲け

多分本当に頭いい人って、敵が現れた際に徹底的に叩くのではなく、利用するんじゃないかと思います。日記のタイトルじゃないですが。

私もこれ(敵だけどここは同意とか)完全に実施できてるかと言われればできてるわけではないです。例えば上の様な考え方をする人に対して、自分は「この人思慮足りない」とレッテル貼って相手にしなくなること多いです。自分も「考え方残念だけど○○の部分はいいよね」とか考えるべきなんでしょう。

例題1:

政府や会社遺族が実名報道するのを控えろと言ってるのにマスコミが報道するのと、飲酒運転等で炎上したtwitterユーザの住所大学(最初から書かれてる場合はのぞく)を調べ上げる行動の違いについて

例題2:

 ただのコピペbotだと思ったら業者のマーケティングだった件と、それを糾弾する様子をまとめblog(アフィリエイト付き)で紹介していてその記事を紹介することの差について