Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

White scenery @showyou, hatena

If you have any comments, you may also send twitter @showyou.

情熱プログラマーを読んで取り入れたいこと

shibukawaさんから頂いた、「情熱プログラマー」という本を読んだ。すごく励まされたところがあるので、(著作権的に載せていいのかわからないのだけど)自分に適用して羅列してみる。

・自分の時間をどんなビジネスに投資するか考える

・勤務先にある業界紙を読む(ケータイアプリ、日経コンピュータあたり?)

Hadoopの会合、ML入って読む

・新しい言語を学ぶ(JavaScript?)

・キャリアの不安は何か(p19)

・紙切れかホワイトボードに自分の知識と技能がどんな局面で汎用性があるかまとめる

Hadoop, Hueの動作の仕組みを追求する

・月曜から二週間、簡単な日誌(10点満点)をつける

・なぜ、どうしてを考える

・Webを適当に見る代わりにソースコードやmanでも見る

 長所、短所をまとめる

HadoopのJPのフォーラムでどんどん答えていく

TopCoderなどでコーディング練習をする

開発プロセスを考えていく

・いつかやろうと思っている仕事を見返す。昼休みにできることを探す。

・30分かけて紙と鉛筆でチームで我慢している些細な問題について考える。

 自動化できるか?20分はかける。(P74)

・マネージャとミーティングを行い、目標をすり合わせる。どうやったらその目標に合わせられるか、仕事の優先順位を考える。

・一週間キャリアを考えず、今の仕事で終わったら何がうれしくなるか考える。

・もっと毎日の仕事を楽しくする

・測定、改善、測定する

・4時間働き、1時間休み、4時間働く。帰宅したらくつろぐ。

・パニック日記を毎日同じ時間につける

・開発日誌を付ける

・業績とビジネスへのつながりを考える

・エレベータスピーチを考える

・目立つ業績をひとつやってみる

・週に1日、マネージャのつもりで仕事をする

・作業を楽しむ方法を考える

・これまでの業績を考える(悪い面だけでなく、良い面も)

・困難または複雑なことについてリストアップして、毎朝二分間考える

Hadoopハッカソンなんかは行ったほうがよかったかもですね。あとはその日暮らしで楽しい・つまらないと感じているので、どうすれば楽しくなるか筋道をつけたほうがいいのだろう。